【雑記】トリキバーガー(トリキバーガー、てりやきバーガー)

雑記

初めてトリキバーガーを食べてみたので、感想を述べていきます。

トリキバーガーとは

トリキバーガーとは、あの有名な居酒屋チェーン店「鳥貴族」が運営をはじめた、「チキンバーガー」専門店である。

商品・値段

シンプルなラインナップで、8種類のバーガーとクリスピーチキンが主となっており、税込み390円

セットで、ドリンクM・ポテトSがついて、税込み590円

セットをすべて頼もうとすると830円なので、240円の割引。お得に見える。

商品の質

私が頼んだものが、てりやきバーガーで、相方が頼んだものが、トリキバーガー

主力は店名でもある、トリキバーガーなのは明らか。

外はサクサクで、中身はジューシーで肉厚マックのチキンフィレオをちょっと分厚くした感じと考えれば、ほぼ間違いない。マックのチキンフィレオが360円のため、差別化できているかは微妙なところ。

味もしっかりしていて、次来た時に頼むとしたら、トリキバーガーだと思った。

一方のてりやきバーガーがひどい。

中身がすかすかでほとんどバケット。味自体はおいしいが、これで390円か。。。というところ。

有名チェーン店鳥貴族を踏襲して、全て同じ料金帯で提供していることが売りかと思うが、トリキバーガー以外については、中身がうすい可能性がある。(それでも焼き鳥+バケットで390円なら安いかもだが)

提供時間、オペレーション

オペレーションが最も評価を落としている点

マックやロッテリア、モスバーガーと比べると目が当てられないような状況です。

人数が7人くらい厨房にいますが、店にはお客さんが3人、注文数も皆1セットずつだが、10分ほどの待ち時間。

店員もブラブラしているため、「お前動けよ!」と感じてしまうのと、「採算大丈夫か?」と心配になってしまいます。

更に、お客さんがレジで待っているのに、気づかないような状況。お客さんは5分くらい待って帰ってしまいました。

呼び鈴を設けるなどの最低限の設備投資が必要かと思いました。また、そもそも人数を多く割いているのに、来たお客さんに気づきさえせず、帰ったことにさえも気づかないのは、飲食サービス業としては致命的かと感じました。

今後・改善点

商品自体は一部を除き、決して悪くないという印象でした。

マックが埋まっているとき、ちょっと高級志向で、腹6分位食べたいときにはちょうどいい店です。

欲を言えば、セット590円のところ、ワンコインで食べれれば常用するかな、、、という感じ。

一方、オペレーションは壊滅的で、今のままでは待ち時間が10分以上かかることは必至。

マックを含め、ファストフード店を利用する理由は、ジャンキーなものが食べたいという欲に加え、手軽にささっと食べたいと思う事が、利用する理由の一つです。

現状のオペレーションでは、10人並んだら30分待つ可能性もあり、ファストフード店としては落第なのは明らかです。待ってまで食べたいラーメン店とは話が違います。

このオペレーションが改善されないと、行きたいとは思えないですし、赤字店舗で無くなっていきそうかと思います。

以上、ご参考にしていただければ幸いです。

この店舗は良かったよ!とか、この商品のここが良かった!とか、他にこんな店があるよ!など、良い情報がございましたら、コメントいただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました