お金の増やし方・節約方法

この記事で分かること

  • お金の稼ぐ手段
  • 節約の手段・考え方
  • マインド

生きている上でお金は手段であり、行動を起こすうえで重要なものです。

お金には増やす方法には、積極的に増やすか、そもそも使わないかの2つしかありません。

私は母子家庭で育ってきたこともあり、お金を使わない方法について、貧しく感じないように試行錯誤してきました。

節約する上で、無理な節約は絶対に失敗します!私が行ってきた貧しく感じない節約を参考に、1つずつ試してもらえればと思います。

この記事では、各論を話すのではなく、そもそものマインドや、お金の増やし方の種類について解説していきたいと思います。

お金の増やし方

結論から言うとお金の増やし方には3通りあります。

詳しいことは順番に解説していきますが、今回は概要だけお伝えします。

  1. 会社員などの労働収入
  2. 副業などの副収入
  3. 株式の配当などによる権利収入

会社員などの労働収入

生活費を稼ぐために、会社員・アルバイトによって稼ぐ方法になります。

主に時間を切り売りすることで、定額の賃金を貰うことができ、昇進を加味すると最も簡単に収入を上げることができます。

副業などの副収入

生活費を補うために、主な仕事に加えて収入を得る方法になります。

余剰な時間を使用することで、成果報酬型・時間単位型のどちらかにより稼ぐことができ、その給与幅はまちまちです。

種類として、主な仕事以外のアルバイト・事業所得があります。事業所得については、ランサーズなどでのWebの仕事の請負や、食事のリポート、アフィリエイトによる収入などが含まれます。

ちなみに、自身で家を貸すのは自身の労働が含まれるため、権利収入ではないです。株やFXで積極的に稼ぐ方法も同様です。

ネズミ講をする業者に良く権利収入という方がいますが、あれも自身の時間を切り売りすることによる事業所得的な副収入に当たると考えています。

株式の配当などによる権利収入

労働をせずに得ることができる収入です。

株式による配当金・音楽や絵による著作権収入があたります。

才能のある人や、努力を積み上げてきた人、お金持ちが実施できる方法になります。

ちなみに、お金がないうちにもやっておいたほうがいいです。なぜならばお金があると騙される案件が数多く発生するから。

節約の手段・考え方

簡単に言うと、以下のラインナップについて、消費と浪費を分けることです。

  • 家賃
  • 食費
  • 電気代
  • 水道代
  • ガス代
  • 通信費
  • 交通費
  • 勉強費用
  • 娯楽費

消費:生活のために必要な物資・用役(サービス)を費消すること

浪費:むだに費やすこと

それぞれのラインナップについて消費と浪費が存在します。

家賃についても、5万円の家と8万円の家では月々3万円も異なります。

  • オートロックで安心
  • 徒歩10分圏内で移動が楽
  • 電車30分圏内で会社まで早い
  • 綺麗な築浅の物件に住む虚栄心
  • etc

極端な回答を言うと、下記の回答になります。これだけで3万円は安くなります。

  • オートロックで安心→オートロックは簡単にすり抜けられるので、実際は安心ではない
  • 徒歩10分圏内で移動が楽→15分でも健康には良い。
  • 電車30分圏内で会社まで早い→テレワークなら関係ない。
  • 綺麗な築浅の物件に住む虚栄心→築古に一度住んでみれば慣れる

あくまで極端な例ですが、今の自分に本当に必要な出費なのか見直してみると、1万円くらい安くなったりします。

各論については、詳しく別記事で紹介していきます。

節約する上でのマインド

稼ぐより節約!

1万円を1ヶ月で貯金したいのであれば、1万円を稼ぐよりも、1万円を節約する方が遥かに楽です。

1万円働くためには、時給1000円のアルバイトが毎月10時間必要ですが、

節約なら、生活を見直してあとは慣れるだけです。最終的に何もしなくても1万円が手に入ることになります。

ただ、初めてする経験にはお金は使った方がいいです。

海外に行ってみたり、新しい趣味を見つけてみたり、新しい人とつながってみたり、自身のスキルアップを目指してみたり。

節約をなぜするか

人生においてお金は必要ですが、悪まで手段です。

お金を稼ぐのは自身の人生を豊かにするためです。

それは、お金があることにより将来の不安が無くなり気持ちが楽になる事かもしれませんし、何かしら趣味が出来た時にしっかりお金を投入出来るためかもしれませんし、もしかしたら愛する子供を守るためかもしれません。

そのため、当たり障りのない重要なことですが、

節約は無理のない範囲で、本当に自身にとって本当は何が必要で、何が必要でないか見極めることが重要です。

本ブログではそのお手伝いが出来れば幸いです。

まとめ

稼ぎ方には、労働収入・副収入・権利収入があり、最も簡単に稼ぐのは労働収入である。

節約の方法としては、消費と浪費で自身に見合った生活を確認する必要がある。

しかし、節約は自身の生活を豊かにするために行うべきことなので、無理のない範囲で行いましょう。

細かい情報は続々と発信していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました